自律神経失調症専門|今日堂漢方薬局の
漢方薬を服薬して治った症例集です

自律神経失調症専門の今日堂漢方薬局 自律神経失調症でお悩みの方はご相談ください漢方相談電話095−823−8805

(株) こんにちどう やっきょく
自律神経失調症専門漢方薬

無料漢方相談 / 携帯からもOKです
095−823−8805
メールも送れます
メールのお問い合わせ / 自律神経チェック
メール漢方相談表

日堂薬局の特 律神経失調症と 自律神経失調症Q&A 特定商取引法表示
自律神経失調症専門今日堂薬局 > 漢方薬の効果・今日堂漢方の改善例


    (株)今日堂薬局漢方薬の効果

今日堂薬局の漢方薬で自律神経失調症を
改善した効果を報告します


医師の診断名 
 (1)うつ症                  第一例目 〜 第二例目
 (2) 不眠症   
deeee         第三例目
 (3)過呼吸症               第四例目
 (4)胃腸神経症              第五例目 
 (5)パニック障害              第六例目〜第七例目
 (6)頻尿                  第八例目
 (7)体温異常感覚           第九例目
 (8)顔面神経痛            第十例目




第一例目
          51歳      女性                 

 《 医師の診断 》  
26歳の時に
「うつ病の診断を受ける。
以来、25年間の間に不眠症、
うつ病不安神経症などを告げられる。             
 《 原因 》
出産後様々なストレスで眠れなかった。
 《 症状の詳しい説明 》

のぼせ症、寒がり、神経質、不眠症、精神不安、疲れやすい、記憶力の減退を感じる顔色は黄色っぽい、皮膚は乾燥肌、かゆい、小便は頻尿、目が疲れやすい、頭痛、 目の前がボーっとする、視力減退、生理不順、のどがつかえる、冷え性、更年期43歳、 
現在は良い時、悪い時があるが、仕事は何とかこなしている。
 《 漢方薬を服用後の経過報告 》                               服薬2ヶ月目。  目の前がボーとするのが改善される。
            まだ催眠剤が無いと安心出来ない。
服薬5ヶ月目。  不眠症は病院の催眠剤を服用しなくても眠れるようになった。
            未だ、不安感は残っている。
服薬7ヶ月目。  心理的に早く治りたいと焦りが強いとの事。
服薬11ヶ月目。 よくなりました、との報告をうける。
            それでも、念のためもう一ヶ月服用したいとの要望が有る。
《 私の感想 》
 最初は愚痴が多く、話し方も攻撃的で怒りっぽく、身の回りの相談を良くされました。
次第に話し方が柔らかくなり、最後の方では控えめな話し方になりました。
これが本来の性格だと思われます。
25年間のうつ病の病歴を持つ方が、約一年間の漢方薬の服用でよくなった例です。



第二例目
            27歳     男性

《 医師の診断 》
診察は受けていないが、
うつ症と思われます。
《 原因 》
仕事のストレスと思われる。
《 症状の詳しい説明 》
お母さんの話では、昨年8月頃から、夜になると2階で何の音か分からないが、しこを踏むようなドスン・ドスンという音をさせる。病院にはいかないが、仕事には行く。話しかけには応じるが、時々ケラケラと笑う。一人で対話する、泣き声が聞こえる、べそをかいている。
食後に一人でいる時、不気味な感じのウオー・ウオーという声を発する。会話は出来るが言葉は少ない。子供の頃はチック症や情緒不安定な所が有った。
《 漢方薬を服用後の経過報告 》
漢方薬服薬一ヶ月目。少し良いような感じがする。漢方の薬方を変更する。
漢方薬服薬二ヶ月目。今、一つはっきりしない。漢方薬の薬方を再度、変更する
漢方薬服薬三ヶ月目。一人で居る時の声を、テープで聞かせてもらう。ゴッホー・ゴッホーという咳のような声に聞こえる。漢方薬の薬方を更に変更する。
漢方薬服用四ヶ月目。今回の漢方薬は良く合っているとの事、継続する。
漢方薬服薬七ヶ月目。良くなりました。
《 私の感想 》
最初、一・二ヶ月目は漢方薬がぴったり合わなかったが、テープの声を聞いて三回目の変方でぴったり合った。
最初はお母さんが来られたが、四ヶ月目からはご本人が来店されて、症状の改善がはっきり分かるようになった。月を追う毎に顔色が明るくなられて、七ヶ月目にはよくなられた。お母さんが大変喜ばれて、私も本当に良かったと思いました。
先日、お母さんとお話しする機会があり、近況を伺いましたが「今は元通り元気で働いています」とのご返事を頂きました。

   
   「  自律神経失調症の疑問にお答えします。 」

     
自律神経失調症について、あなたは どこまでご存知ですか

     自律神経失調症についてのよく有る質問とお答えです。
   

第三例目
       54歳     男性                   

《 医師の診断 》
           不眠症
《 原因 》
職場の配置転換でストレスを感じ、不眠症になる。
《 症状の詳しい説明 》
眠りが浅く、身体がだるい、酒を飲んで眠っても3時間くらいしか眠れない、居眠りもしない、暑がり、精神不安感、物音に驚き易い、寝汗をかく、憂うつ、記憶力減退を感じる、集中力がない、些細な事が気になる、気が弱い、短気、頭痛、めまいフラフラ感、難聴、肩こり、首筋のこり、手足がこわばる、手の痺れ、こわばる、息苦しい、
《 漢方薬を服用後の経過報告 》
服薬3ヶ月目。不眠症の方はよくなった、代わりに腰、足、背骨、肩、腕の痛みを感じる、筋肉痛ではない。不安感が残る。
服薬4ヶ月目。身体の痛みが未だ少し残っている。不安感も少しある。
服薬5ヶ月目。残った症状が改善される。
《 私の感想 》
漢方服薬2ヶ月間で不眠症はよくなったが、その代わり、身体のあちこちの痛みが出る。この症状も、5ヶ月の服薬でよくなりました。



第四例目
           25歳     女性
《 医師の診断 》
                 
過呼吸症
《 原因 》
仕事の関係で海外に行く為、ストレスによっていろいろな症状が出る。
《 症状の詳しい説明 》
過呼吸がひどく。仕事のストレスで深い眠りが取れない。朝起きてもスッキリしない、頭がボーとする。動悸がする。乗り物に乗ると動悸がするので電車にも乗れない。イライラして、怒りっぽくなり、やる気が無くなった。だるい感じがする。人ごみに入るとフラフラする。音がうるさく感じる。
《 漢方薬を服用後の経過報告 》
服薬一ヶ月目。症状はほとんど良くなった。まだ少し症状が残るが服薬を止めたいと言われる。
一年後、症状再発。服薬再開する。
服薬一ヶ月目。症状はかなり良くなっているが、少し不安があると言う。
服薬二ヶ月目。よくなる。
《 私の感想 》 
服薬一ヶ月目で殆ど症状が改善したので、服薬を止めたいと相談された時、漢方薬は少し長めに服用する事は大事な事です、と説明したが服薬をやめられた。
一年後、症状が再発して、今度は長めに二ヶ月服薬されてよくなられました。



第五例目


           29歳    女性
《 医師の診断 》
             
胃腸神経症/病院での検査は正常。
《 原因 》
人前に出ると緊張して、お腹の具合が悪くなる。
《 症状の詳しい説明 》
人が沢山集まっている所に行くと、緊張してお腹が重くなりガスが溜まって来て、出てしまったりする。親しい人の場合はその心配は無い。最初は10年前から、特に最近職場が変わりひどくなった。
《 漢方薬を服用後の経過報告 》
服薬20日目。仕事にも大分慣れて、精神的にも緊張感が無くなって来たとのことで、
 このまま服用を続ければ大丈夫です。との連絡を受けました。
《 私の感想 》
10年来の症状でしたから、しばらく時間がかかると思っていましたが、職場の環境も良かったと 思われますが、服薬一ヶ月で速やかによくなられたケースです。
元気な連絡を受けて、私も大変嬉しく感じました。
                                         このページの先頭へ 

    
  
      無料漢方相談/携帯からもOKです

         095−823−8805

        メールでのお問い合わせ / 
自律神経チェック
             
メール漢方問診表
    

第6例目

            63歳     男性
《医師の診断》

            
パニック障害
《原因》
3年前から退職と近親者の死去が何度か重なる。
《症状の詳しい説明》
1週間前から胸が苦しい,息が苦しいなどで病院に搬送される。
CT.エコー・心電図等の各種検査を受けるが結果は異常なし。

奥様のお話:病院に搬送されるまで気付かなかったが,周囲の人から最近ご主人の目が
死んでいると言われたとのこと。
《漢方薬を服用後の経過報告》
服薬2週間目ほどから効果が出てきた。これ以降発作も起きなくなったとの連絡を受ける
2ヶ月間の服薬で好きなゴルフにも行けるようになった。
《私の感想》
発作の症状はよくなったが、うつ症の傾向が後から出ているとの連絡を奥様から手紙・電話で受ける。
漢方薬でうつ症も治る事を説明するが、本人はこれ以上の服薬を望まないとのことでした。
その後、本人との連絡は取れていません。



《第7例目》


        24歳    男性
医師の診断名》
         
パニック障害
《症状の詳しい説明》
ドキドキすると息切れ、フワフワした目まい。緊張すると吐き気がして気持ちが悪くなる。
身体のあちこちが痛い。首の後ろ,眼、心臓、,背中など痛いところが毎日変わる。
《原因》
肝臓などの持病がある。その心配からきている。人前で上がる性格である。
《漢方薬を服用後の経過説明》
服薬1ヶ月目。服薬していれば大体体調が良くなるとのこと。
服薬2ヶ月目。良かったり悪かったり,その日の体調による。
服薬3ヶ月目。疲れやすい、だるいなどで肝機能が気になる。
服薬8ヶ月目。パニック障害の方は問題なくなる。
《私の感想》
肝臓の他、いくつかの持病が有って,そちらが気になってすっきりしない様子。パニック障害の方はよくなっている。最後は持病を改善するように調剤する
         


《第8例目》



38歳       男性

《医師の診断名》
          頻尿
《症状の詳しい説明》
尿意を催してトイレに行きたくなるが,いざ構えると出ない。ひどい時には過呼吸になる。
その他に、喉の違和感がある。
《原因》
本来神経質だが、仕事でストレスを感じて頻尿になる。
《漢方薬を服用後の経過説明》
服薬1ヶ月目。尿意は改善している。未だ、尿意と咳きが出る。
服薬2ヶ月目。普段は良いが,何か有ると調子が悪い。下痢がある。
服薬4ヶ月目。下痢は良くなったが,忙しいのと寒いので頻尿が出てくる。
服薬6ヶ月目。ほぼ改善。
《私の感想》
その後、連絡が取れないが,頻尿は改善したものと思われる。

     
     自律神経失調症の疑問にお答えします。

     
自律神経失調症について、あなたは どこまでご存知ですか。

     自律神経失調症についてのよく有る質問とお答えです。
     

《第9例目》


         80歳        女性
医師の診断名》
           
体温感覚異常。
《症状の詳しい説明》
背中が熱くなる。肩から背中が痛く,重い、肩胛骨の奥をつかまれている感じがする。
腕が重くなる。背中がこったら、おなかの調子まで影響して便秘する。
見た目は元気だが,近頃発生頻度が多くなる。
《原因》
膝が悪くなり,立つのもしんどい。一人でいる時が多い。
友達がいない。諸々のストレスが溜まっていると思われる。
《漢方薬を服用後の経過説明》 
服薬1ヶ月目。結果が良かったと喜ばれる。
服薬2ヶ月目。継続する。
服薬12ヶ月目。最後は精神的に安定する薬を欲しいとのこと。
《私の感想》
症状が途中で変わっていく。その都度、その時の苦しい症状を治してくれと強く要望される。
その為、多くの症状を治していくのに月日がかかる。
これに対応するので精一杯の時期もあり病気の本質を改善するのに手間取ったことを反省しています。



《第10例目》


          64歳     男性。
《医師の診断名》
           
 顔面神経痛(三叉神経痛)
《症状の詳しい説明》
右顎から右顔に響く感じ、歯が無い左の奥歯の虫歯がうずく感じがする。
耳鼻科検査の結果。MRI検査を3回受けるが正常。夜ジンジン痛みが伝わってくる。
他に,腰痛、肩こり、膝が痛い。
《原因》
不明。直接的な原因ではないが,若い頃漁師時代頭を打ったことがある。
《漢方薬を服用後の経過説明》
服薬1ヶ月目。顔面神経痛の方は殆ど良い。
服薬2ヶ月目。膝の痛みを治して欲しいとの要望。
服薬3ヶ月目。右膝はよいが、左の膝がまだ痛い。
服薬7ヶ月目。首、肩こり、左膝がよくなる。
《私の感想》
顔面神経痛は速やかによくなったが,膝の痛み、特に左の膝を改善するのに時間がかかる。その間、首、肩のこりなどの症状を改善していく。
     
       無料漢方相談/携帯からもOKです
          095−823−8805
       メールでのお問い合わせ / 
自律神経チェック
             
メール漢方問診表
      
                                       このページの先頭へ




ブログを読んでみませんか。店主のブログ

                
ツイートしませんか。

               
この記事をシエアーしませんか。
  


                
さまざまな心の病気・健康についてのブログです。



    

自律神経失調症についての質問・御相談(ご相談は無料です)

自律神経失調症について

あなたは、自律神経失調症についてどこまでご存知ですか?

自律神経とはどのような働きをする神経なのか。自律神経失調症になると、どのような症状が出てくるのか。わかりやすく解説します。

自律神経失調症Q&A

自律神経失調症について、よくある質問にお答えします。

自律神経失調症のチェック

ご自分で自律神経失調症をチェックすることが出来ます。どの程度当てはまるか、自己チェックをしてみてください。

メール漢方問診表

メールによる漢方相談を受け付けています。

あなたの症状・体質・病歴・原因などをご記入いただくことで、あなたのお悩み・ご相談にメールでお答えいたします。

お問い合わせ

自律神経失調症や漢方、その他いろんな病気などについて、あなたが疑問に感じたこと、お悩みのことにお答えします。どのようなささいなことでも丁寧にお答えします。お気軽にご相談ください。

お子様の心の悩みにも漢方薬は有効です。是非ご相談ください。

電話相談FAX相談

電話・FAXでの相談も受け付けております。お気軽にご相談ください。

お手紙/郵送

お手紙・郵送による相談・問診も受け付けています。



     



   
 
自律神経失調症の中には他の病名が

 付けられていることもあります


  
いろんな病名が付けられています。

付けられた、その病気は、どんな病気か知ることは大事な事です。


       少し、調べて下さい。
                    
 
 「1」神経症状
  (1) 不安神経症
  (2)パニック障害
  (3)全般性不安障害
  (4)強迫神経症
  (5)心的外傷後ストレス障害(PTSD)
  (6)広場恐怖症
  (7)社会不安障害
  (8)心気症
  (9)慢性疲労症候群
 
  「2」神経症状・その2
  (10)うつ症状
  (11)双極性障害
  (12) 躁病
  (13)不眠症 
  (14)緊張性頭痛 
  (15) 心的外傷後ストレス障害(PTSD
  (16)起立性調整障害 
  (17)広範性発達障害 心因性障害
  (18)アスベルガ―障害 
  (19)多動性情緒障害(ADHD) 
 
 「3」呼吸器疾患
  (1)過呼吸症候群
  (2)気管支喘息         
 
 「4」循環器疾患
  (1)心臓神経症      
  (2)狭心症      
  (3)不整脈       
  (4)高血圧       
  (5)低血圧      
  (6)低体温     
 
 「5」胃腸疾患
  (1)過敏性胃炎
  (2)胃・十二指腸潰瘍
  (3)潰瘍性大腸炎     
  (4)下痢・便秘
  (5)吐気・嘔吐神経性嘔吐
  (6)拒食症・神経性食欲不振症        
  (7)過食症・神経性大食症 
  8)膵臓炎症・急性膵炎・慢性膵炎
 
 「6」胃腸疾患・その2 
  (9)機能性胃腸症    
  (10)突発性腹部膨満症      
  (11)呑気症・空気嚥下症           
  (12)唾液分泌過多 
  (13)口臭症    
  (14)突発性舌痛症  
  (15)神経性胃痛             
  (16)逆流性食道炎     
  (17)過敏性大腸炎    
 
 「7」婦人科疾患
  (1)ホッフラッシュ
  (2)発汗異常
  (3)肩こり
  (4)疲労倦怠感     
  (5)片頭痛
  (6)腹痛・腰痛
  (7) 不眠症     
  (8)イライラ感   
 
 「8」婦人科その2 
  (9)動悸・息切れ         
  (10)鬱状態・不安感             
  (11)めまい感       
  (12)緊張更年期障害                                
  (13)月経前症候群(PMS)          
  (14)月経前不快気分障害(PMDD)                 
  (15)冷え症      
  (16)恐怖症   
 
 「9」耳鼻科疾患 
  (1)めまい
  (2)メニエール病 
  (3)耳鳴      
  (4)突発性難聴     
  (5)口腔内異常感症                          
  (6)難聴         
  (7)口腔乾燥症
  (8)唾液分泌過多                
  (9)乗り物酔い   
 
 「10」皮膚科疾患
  (1)多汗症    
  (2)蕁麻疹        
  (3)肌荒れ                
  (4)アトピー性皮膚炎                 
  (5)レイノー氏病             
 
  「11」泌尿器科領域
  (1)ED(インポテンツ) 
  (2)過活動膀胱
  (3)膀胱神経症       
 
  「12」眼科領域
  (1)眼筋痙攣       
  (2)ドライアイ      
  (3)眼精疲労・疲れ目       
  (4)めまい      
  (5)顔面ミオキミア       
 
「13」整形外科疾患
  (1)腰痛 
  (2)頚頚腕症候群
  (3)筋肉
  (4)関節痛
  (5)肩こり 
     
  

自律神経失調症 症状の説明

   
    身体の症状は、ひとそれぞれで様々です。

         自分に当てはまる症状はありませんか。

                       
 
 < >
 頭痛     頭重感        ・片頭痛
 
 耳 >
 耳詰まり感     ・耳鳴
 
 < >
   ・目が疲れる  ・目が開かない・目が開かない    
 
 < >
   口中が乾く  ・口中が痛い
 
 < のど >
  異物感  圧迫感  のどが詰まる
 
 < 胃腸・吐き気 >
  下痢・便秘  ガス腹が鳴る  吐き気  ・食欲がない  
 
 < 肺・呼吸>
  息苦しい  酸欠感  息切れ
 
 < 心臓・血管 >
 動悸   血圧の異常   ・立ちくらみ   不整脈
 
  泌尿器 >
  頻尿     残尿感       ・尿が出にくい          
 
 < 生殖器 >
  ・インポテンツ   外陰部の痒み   生理不順  
 
  ・< >    
  ・しびれ   冷え  感覚異常    ・レイノー症状  ・ほてり   ・しびれ 
 
 <>
 しびれ  冷え   痛み
 
 < 筋肉・関節 >
    ・腰痛 関節が痛    肩こ
 
 < 皮膚 >
   ・乾燥  ・多汗  かゆみ
 
 < 身体症状 >
  疲れやすい  倦怠感   ・めまい ・微熱 ・不眠   ・フラフラ フワフワする
 
          
  
                                           
 
    



















     


漢方薬の効果
今日堂漢方の改善例

 ・今日堂薬局の特徴
 ・漢方とは
 ・自律神経失調症とは
 ・自律神経症失調チェック
 ・メール漢方問診表
 ・お問合せフォーム
 ・自律神経失調症Q&A
 ・漢方薬調合の流れ
 ・前立腺炎、肥大症
 ・手作りのおくすり
 ルミンA
 FAX相談

 ・お買い物方法
 ・お支払方法
 ・お届け方法
 ・返品について
 特定商取引法表示
営業時間

 ・薬局概要
 ・店主プロフィール
 ・リンク集
 プライバシー
 ・サイトマップ
自律神経の病気
   
病名のご説明
 
 
 ・神経科/神経とは
 神経症/病名
 ・神経症その2
 ・胃腸科/病名
 ・胃腸科その2
 ・循環器科/病名
 ・婦人科/病名
 ・婦人科その2 
 ・耳鼻科/病名
 ・泌尿器科/病名
 ・皮膚科/病名
 ・整形外科/病名
 ・眼科/病名
 ・肺呼吸器/病名 

自律神経失調症
   
症状のご説明
   
  
   ・<頭 の症状>
  < 耳の症状 >  
  <  の症状 >  
  < の症状 >
  < のど の症状 >
  <胃腸・吐気 >
  <心臓・血管症状 >
  <肺・呼吸症状  >
  <泌尿器 の症状>
  < 生殖器の症状 >
  <  の症状 >
  < の症状 >
  ・< 筋肉・関節  >
  < 皮膚の症状 >
  < 身体の症状 >


   *SNS*
  情報交流広場


 ・ 店主のブログ
 
 
 
 
 ・topics