自律神経失調症|循環器領域の病名を専門漢方薬局|
今日堂が分かりやすく説明しています

自律神経失調症専門の今日堂漢方薬局。自律神経失調症でお悩みの方はご相談下さい無料電話相談・095-823-8805



(株)こんにちどうやっきょく
自律神経失調症専門漢方薬局
無料漢方相談 / 携帯からもOKです
095-823-8805
メールも送れます
メールのお問い合わせ / 自律神経チェック
メール漢方相談表
(株)今日堂薬局の特徴 自律神経失調症とは 自律神経失調症Q&A 特定商取引法表示






    
自律神経失調症病名のご説明

 
循環器領域

      



 
自律神経失調症専門今日堂薬局  自律神経の病気・病名のご案内 > 循環器科
   循環器領

  
   循環器領域

   No・ 1  高 血 圧

   No・ 2  
低 血 圧   

   No・ 3  狭 心 症   

   No・ 4  不 整 脈   

   No・ 5  心 臓 神 経 症
   
   No・ 6   低体温症  

 
 

No・1  高  血  圧
 血圧は常に変動していますが、上が140以上、下が90以上であれば高血圧です。
 高血圧には原因がはっきりしない本態性高血圧と原因の病気がハッキリしている二次性高血圧がありますが、ほとんどが本態性高血圧です。
原因としては、遺伝・食事運動などの生活習慣、これにストレスが加わります。

 高血圧の場合、生活習慣を見直すことが基本です。食事の塩分を控えたり、肉食中心の食事内容を菜食にして、適度な運動を習慣づける。
肥満があれば、体重を落とす。

 ストレスも大きな要因になります。過労や精神的な負担を極力避けるように出来るだけ努力する習慣を付ける事が大事な事になります。
ゆったりした生活・気持ちの切り替えを上手にする訓練も必要です。

   No・2  低 血 圧
 低血圧は本態性低血圧症で循環器・呼吸器などの他の原因が無い事を確認して、症状が無けれ特に問題ありません。   

 症状としては、体がだるくて、疲れやすい、朝起きるのが辛い等の他に、肩こり・手足が冷える・動悸・息切れ・食欲不振・めまい・吐気・目が疲れる・立ちくらみ・不眠などがあります。症状が無ければ、特に心配する必要はありません。


 生活習慣を規則正しくする事が、一番大事です。適度な運動、食事も栄養のバランスをよくして、適度な運動をして、ストレスを溜めず、睡眠不足にならないように、心がけるようにします。

   No・3  狭 心 症
 強心症は心臓が急に痛くなる症状です。胸の左上に強い痛みや圧迫感が表れます。動脈硬化によって心臓の血液が流れなくなって、痛みを生じるのです。
普段は何ともないのが運動や労働によって体を動かすと血液の流れが悪くなって痛みが起こります。これが、ひどくなると安静にしていても狭心痛が起こります。


   N0・4  不 整 脈
不整脈は普段でも良く見かける症状です。ただし、不整脈が起きると決して気持ちの良い物ではありません。
 ただ、心配要らない不整脈も有ります。ストレスを受けた時に起きる不整脈は心配要らない不整脈です。    

恐いのは心臓の異常を知らせるシグナルです。意識が突然なくなる。
心不全による不整脈です。それから、突然始まる動悸や突然止まる動悸も心配な不整脈になります。
   

   No.5  心臓神経症
動悸、息切れ、呼吸困難、胸の痛み、目まいなど心臓病と同じような症状があるのに、心臓の検査をしても異常が無く、心臓の病気ではないと診断されます。

身近な親戚や、親しい人が心臓の病気で亡くなった場合や、身の回りで大きな悩み事やストレスが起きた時に心臓神経症は起きます。神経質な人によくみられます。
心電図などの検査では異常が見つかりません。心臓の病気ではなく、心の病気といえます。心臓に不安を感じる人がなりやすい病気です。
自律神経失調症の症状に、時々見られる症状です。


    No.6  低体温症
体温計で体温を計った場合に、35度以下になれば、低体温といいます。
普通、人は自然に体温を調節しています。ところが、体温調節が出来ない病気的な状態は自律神経失調症を考えられます。

 
 



自律神経失調症についての質問・御相談(ご相談は無料です)

自律神経失調症について

あなたは、自律神経失調症についてどこまでご存知ですか?

自律神経とはどのような働きをする神経なのか。自律神経失調症になると、どのような症状が出てくるのか。わかりやすく解説します。

自律神経失調症Q&A

自律神経失調症について、よくある質問にお答えします。

自律神経失調症のチェック

ご自分で自律神経失調症をチェックすることが出来ます。どの程度当てはまるか、自己チェックをしてみてください。

メール漢方問診表

メールによる漢方相談を受け付けています。

あなたの症状・体質・病歴・原因などをご記入いただくことで、あなたのお悩み・ご相談にメールでお答えいたします。

お問い合わせ

自律神経失調症や漢方、その他いろんな病気などについて、あなたが疑問に感じたこと、お悩みのことにお答えします。どのようなささいなことでも丁寧にお答えします。お気軽にご相談ください。

お子様の心の悩みにも漢方薬は有効です。是非ご相談ください。

電話相談FAX相談

電話・FAXでの相談も受け付けております。お気軽にご相談ください。

お手紙/郵送

お手紙・郵送による相談・問診も受け付けています。


私のブログを読んでみませんか。店主のブログ

                
ツイートしませんか。

               
この記事をシエアーしませんか。
  


                
さまざまな心の病気・健康についてのブログです。


 
     
 



   
 
自律神経失調症の中には他の病名が

 付けられていることもあります


  
   いろんな病名が付けられています。

     どんな病気か知ることは大事な事です。


       少し、調べて下さい。
            
 
 「1」神経症状
  (1) 不安神経症
  (2)パニック障害
  (3)全般性不安障害
  (4)強迫神経症
  (5)心的外傷後ストレス障害(PTSD)
  (6)広場恐怖症
  (7)社会不安障害
  (8)心気症
  (9)慢性疲労症候群
 
  「2」神経症状・その2
  (10)うつ症状
  (11)双極性障害
  (12) 躁病
  (13)不眠症 
  (14)緊張性頭痛 
  (15) 心的外傷後ストレス障害(PTSD
  (16)起立性調整障害 
  (17)広範性発達障害 心因性障害
  (18)アスベルガ―障害 
  (19)多動性情緒障害(ADHD) 
 
 「3」呼吸器疾患
  (1)過呼吸症候群
  (2)気管支喘息         
 
 「4」循環器疾患
  (1)心臓神経症      
  (2)狭心症      
  (3)不整脈       
  (4)高血圧       
  (5)低血圧      
  (6)低体温     
 
 「5」胃腸疾患
  (1)過敏性胃炎
  (2)胃・十二指腸潰瘍
  (3)潰瘍性大腸炎     
  (4)下痢・便秘
  (5)吐気・嘔吐神経性嘔吐
  (6)拒食症・神経性食欲不振症        
  (7)過食症・神経性大食症 
  8)膵臓炎症・急性膵炎・慢性膵炎
 
 「6」胃腸疾患・その2 
  (9)機能性胃腸症    
  (10)突発性腹部膨満症      
  (11)呑気症・空気嚥下症           
  (12)唾液分泌過多 
  (13)口臭症    
  (14)突発性舌痛症  
  (15)神経性胃痛             
  (16)逆流性食道炎     
  (17)過敏性大腸炎    
 
 「7」婦人科疾患
  (1)ホッフラッシュ
  (2)発汗異常
  (3)肩こり
  (4)疲労倦怠感     
  (5)片頭痛
  (6)腹痛・腰痛
  (7) 不眠症     
  (8)イライラ感   
 
 「8」婦人科その2 
  (9)動悸・息切れ         
  (10)鬱状態・不安感             
  (11)めまい感       
  (12)緊張更年期障害                                
  (13)月経前症候群(PMS)          
  (14)月経前不快気分障害(PMDD)                 
  (15)冷え症      
  (16)恐怖症   
 
 「9」耳鼻科疾患 
  (1)めまい
  (2)メニエール病 
  (3)耳鳴      
  (4)突発性難聴     
  (5)口腔内異常感症                          
  (6)難聴         
  (7)口腔乾燥症
  (8)唾液分泌過多                
  (9)乗り物酔い   
 
 「10」皮膚科疾患
  (1)多汗症    
  (2)蕁麻疹        
  (3)肌荒れ                
  (4)アトピー性皮膚炎                 
  (5)レイノー氏病             
 
  「11」泌尿器科領域
  (1)ED(インポテンツ) 
  (2)過活動膀胱
  (3)膀胱神経症       
 
  「12」眼科領域
  (1)眼筋痙攣       
  (2)ドライアイ      
  (3)眼精疲労・疲れ目       
  (4)めまい      
  (5)顔面ミオキミア       
 
「13」整形外科疾患
  (1)腰痛 
  (2)頚頚腕症候群
  (3)筋肉
  (4)関節痛
  (5)肩こり 
     
  

自律神経失調症 症状の説明

   
    身体の症状は、ひとそれぞれで様々です。

         自分に当てはまる症状はありませんか。

                   
< >
頭痛     頭重感        ・片頭痛
 耳 >
耳詰まり感     ・耳鳴
< >
 ・目が疲れる  ・目が開かない  涙目    
 < >
 ・口中が乾く  ・口中が痛い
< のど >
異物感  ・圧迫感  のどが詰まる
< 胃腸・吐き気 >
下痢・便秘  ガス腹が鳴る  吐き気  ・食欲がない
< 肺・呼吸 >
息苦しい  酸欠感  息切れ
< 心臓・血管 >
動悸   血圧の異常   ・立ちくらみ   不整脈
< 泌尿器 >
 ・頻尿     ・残尿感      ・尿が出にくい     
< 生殖器 >
 ・インポテンツ   外陰部の痒み   生理不順  
 ・< >  
・しびれ  冷え  感覚異常    ・レイノー症状  ・ほてり  
 <>
冷え   痛み   しびれ
< 筋肉・関節 >
  ・腰痛 関節が痛    肩こ
 < 皮膚 >
乾燥  ・多汗  かゆみ
< 身体症状 >
 疲れやすい  倦怠感   ・めまい ・微熱 不眠   ・フラフラ
 フワフワする
 

     
 


  

   

漢方薬の効果
・今日堂漢方薬の改善例

 ・今日堂薬局の特徴
 ・漢方とは
 ・自律神経失調症とは
 ・自律神経失調チェック
 ・メール漢方問診表
 ・お問合せフォーム
 ・自律神経失調Q&A
 ・漢方薬調合の流れ
 ・前立腺炎、肥大症
 ・手作りのおくすり
 ルミンA
FAX相談
 ・お買い物方法
 ・お支払方法
 ・お届け方法
 ・返品について
 特定商取引法表示
  営業時間・定休日
 ・薬局概要
 ・店主プロフィール
 ・リンク集
プライバシー
 ・サイトマップ

  

自律神経の病気
   病名のご説明
 
 
 ・神経科/神経とは
 神経症/病名
 ・神経症その2
 ・胃腸科/病名
 ・胃腸科その2 
 ・循環器科/病名
 ・婦人科/病名 
 ・婦人科その2 
 ・耳鼻科/病名
 ・泌尿器科/病名
 ・皮膚科/病名
 ・整形外科/病名
 ・眼科/病名
 ・肺呼吸器/病名
   

 自律神経失調症
   症状のご説明
   
 < >
 <  >
 < >
 < >
 < のど >
 <胃腸・吐き気 >
 < 肺・呼吸 >
 < 心臓・血管 >
 < 泌尿器 >
 < 生殖器 >
 < >
 <>
 ・< 筋肉・関節 >
 < 皮膚 >
 < 身体症状 >
   

   *SNS*
  情報交流広場


 ・ 店主のブログ
 
 
 ・ 
 ・topics